日常のようで日常では体験できないことが出来るのが、この仕事の醍醐味です‼

【介助での一幕】
※利用者さんの許可を得て掲載しています。

昨日は利用者さんが中学生へ講演を行う場面の介助に入らせていただきました!!

今回の講演はボッチャという競技(ジャックボールと呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競う競技)を中学生たちにも知ってもらい、一緒に体験をするというものでした。
まずは、利用者さんがボッチャを始めたきっかけや介助者を入れた生活のことなどを話し、生徒さんも暑い体育館の中一生懸命聞いてくれていました(^ ^)!

その後、実際にボッチャを行う姿を見てもらったのですが、リオパラリンピック出場候補選手でもある利用者さんが試合を始めると、中学生の目の色が変わりました!!
ボールが目標にピッタリ近づくと『おぉ~!』という歓声や拍手が上がり、みんなのワクワクした気持ちが介助者である自分にも伝わってきました(*^o^*)

さらに今回はテレビの取材もあり、講演後には取材陣に取り囲まれる姿も!!
充実した日々を送られている利用者さんの姿を見ることで、介助者の自分としても良い刺激を頂いています♪普段、自分の生活では経験出来ないことを経験出来るというのも介助の楽しさの一つですね!!

 
特定非営利活動法人 ぴあ・ぱれっとさんの写真
特定非営利活動法人 ぴあ・ぱれっとさんの写真
カテゴリー: ブログ パーマリンク