ぴあ・ぱれっとについて

ぴあ・ぱれっとに込められた意味

「ぴあ」とは「仲間」という意味です。
「ぱれっと」とは絵の具をのせるパレットの意味です。
パレットの上にいろいろな色がのり、その色たちがまざり合うことでまた新しい色が誕生する。
それと同じように、人が人として繋がり、新しい可能性をつくり出していけますように……。
世の中にたった一人しかいないかけがえのない人たちが、無限に新しい色を創り続けていけますように…。

事業所としてのぴあ・ぱれっと

ぴあ・ぱれっとは、さいたま市指定居宅介護事業所(PDF資料)です。
介助派遣事業所として、障がいのある方が、地域でその人らしい人生を歩んでいけるようサポートを行っています。
誰にでもある「人として生きる権利」を前提とした、その人が中心となる介助を行うことで、障がいのある人の自然で豊かな地域生活の実現をサポートしていきます。
また、NPO法人(PDF資料)として、一つの「社会資源」としての機能を果たしていくこと、また、これからの地域福祉のあり方を模索していきます。
障がいのある人の人生をともに考え、ともに育み、ともに歩み、ともに大切にする。そういった主体的な、心のある関わりを通し、豊かさを追求していきたいと願っています。たくさんの人たちとの関わりを通し、いのちの大切さや、誰もが人として対等に生きる権利や人としての絆があることを知り、学び、自己成長をし続けます。
また、“NPO” という市民活動の役割を果たすべく、「よりよい地域社会を職員自らが創造していくこと」この使命と自覚を持ち、障がい当事者組織である NPO法人 自立生活センターくれぱすと協力しあいながら「ノーマライゼーションの実現」という形での社会貢献を行なっていきます。

大切にしていること

“感じること”を大切にしています。 人が人として感じること、人として大切にしたいこと。 それを当たり前に感じ、当たり前に行動すること。 「お世話」としての関わり合いではなく、 人としてともに歩んでいくこと、育み合っていくこと。 それが感じ続けるということだと考えています。 そして、私たちの事業所は、人と人とのつながりを大切にします。 職員一人ひとりが持っている力を発掘し、伸ばし、個性が発揮できるような人材育成を行なっています これら全てが「人に寄り添い、人を知り、人に学び、人に応える」ということだと考えています。